性機能障害│きむら泌尿器科クリニック|名古屋市南区の泌尿器科

診療案内

性機能障害

勃起不全(ED)、射精障害、男性不妊について、中部ろうさい病院 泌尿器科と密に連携しながら診療いたします。

  • 性機能の診察はお時間がかかる場合もあり、夕診での受診をお勧めします。

勃起不全(ED)※自費診療

ED(Erectile Dysfunction)は、勃起不全または勃起障害のことを言います。
完全に勃起できないことだけを指すわけではなく、
「勃起に時間がかかる」「途中で萎えてしまう」「満足のいく性行為ができない」などのケースも、EDの疑いがあります。

年齢を重ねるごとになりやすい傾向にあり、成人男性では4人に1人、50代以上の男性では2人に1人がEDであると言われています。また、糖尿病などの基礎疾患が影響しているケースも少なくありません(健康な人と比べ、糖尿病の男性がEDを起こす確率はおおよそ2~3倍高いと言われています)。近年は、若い方でも、ストレスや精神的な原因からEDに悩む方が多く見られるようになりました。

ED治療には様々な治療薬が開発されています。
当院では、患者様のご要望などをお伺いしながらお一人お一人に適した薬を処方いたします。

EDの主な症状

  • 短時間、もしくは途中で萎えてしまう
  • 満足のいく性行為ができない
  • 勃起時の硬さがやわらかくなった
  • 一度萎えてしまうと、再度の勃起が難しい
  • 勃起に時間がかかる
  • 全く勃起しない など
注意事項
心疾患や心血管拡張薬を内服されている患者様には危険で使用できませんので、必ずお申し出ください。

射精障害 ※自費診療

勃起自体はできるが射精が上手くできない状態になっていることを「射精障害」と言います。

その中でも膣内射精障害は、普段のマスターベーション方法での過度な刺激や心因的要因によると言われ、男性不妊の原因に繋がることもあります。

射精障害には多種多様なパターンがありますので、お話を丁寧に伺いながら、お一人お一人に合った方法をご提案させていただきます。お悩みの方はまずはご相談ください。

主な射精障害

  • 射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に早い(早漏)
  • 射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に遅い(遅漏)
  • オルガスムスに達したような感覚はあるが精液が出てこない(逆行性射精)
  • マスターベーションでは射精できるが膣内では射精できない(膣内射精障害) など

男性不妊 ※自費診療

不妊症は、女性側に原因がある「女性不妊」と男性側に原因がある「男性不妊」に大別され、割合としては女性不妊の場合が1/3、男性不妊が1/3、双方が原因の不妊が1/3と言われています。

男性不妊には先天性と後天性のものがあります。

先天性の男性不妊とは、様々な遺伝的要因や、発育段階で受けた影響等により、性機能不全(ED、早漏、遅漏、オルガスムス障害など)になる場合を指します。

後天性の男性不妊とは、ストレスやアルコール、喫煙、肥満・糖尿病、病気や薬の影響、精巣の損傷もしくは機能障害、精子の産出あるいは射精に関するトラブルなど様々なものが原因として考えられます。

当院では男性不妊症の検査と治療を行います。ご希望の方はご相談ください。

男性不妊の主な原因

  • 勃起不全(ED)などが原因で、性交渉の際に腟内に射精できない
  • 精子の運動率が悪く、動いている精子が少ない(精子無力症)
  • 精液中の精子数が少ない(乏精子症)
  • 精子が全く見られない(無精子症)
  • 精子の通り道がつまっている(精路閉鎖)など
お電話でのお問い合わせは
052-692-0080
  • 初診の方のみ予約を取ることができませんので直接お越しください
  • 再診の方の予約変更はお電話にて承ります。キャンセルなどの場合は必ずご連絡ください。
  • 不明な点やご質問などがございましたら、「お電話」または「受付窓口」にてお問い合わせください。

PAGE TOP