男性更年期(LOH)│きむら泌尿器科クリニック|名古屋市南区の泌尿器科

診療案内

男性更年期(LOH)

更年期障害は女性特有のものではありません。

更年期障害というと、女性特有のもののように思う方が多いかもしれません。しかしながら、男性でも加齢による男性ホルモンの低下(LOH症候群:加齢男性性腺機能低下症候群)、心身の過度のストレスなどが原因で更年期障害になり得ることがわかっています。早い方の場合は40歳~、典型的な場合は45歳~50歳前後で、下記のような様々な症状が現れるようになります。

男性ホルモンの量が低下しているかどうかは、血液検査で調べることができます。
気になる症状、当てはまる症状がある方は、お一人で悩まずにまずはご相談ください。

男性更年期(LOH症候群)の主な症状

  • 動悸
  • 頭痛
  • 発汗
  • ほてり
  • のぼせ
  • 手足の痺れ
  • 倦怠感
  • 無気力
  • 不眠
  • うつ
  • 性機能障害 など

治療について

症状をお伺いしたうえで、必要に応じて、男性ホルモン補充療法や漢方治療を行います。
それぞれに応じて適切と思われる治療を医師が状態を定期的に確認し、患者様と相談しながら決めていきます。

お電話でのお問い合わせは
052-692-0080
  • 初診の方のみ予約を取ることができませんので直接お越しください
  • 再診の方の予約変更はお電話にて承ります。キャンセルなどの場合は必ずご連絡ください。
  • 不明な点やご質問などがございましたら、「お電話」または「受付窓口」にてお問い合わせください。

PAGE TOP