在宅医療│きむら泌尿器科クリニック|名古屋市南区の泌尿器科

診療案内

在宅医療とは

在宅医療について

在宅医療

自宅で医師や看護師などの訪問を受け療養することを在宅医療といいます。
定期的な訪問に加え、緊急時には365日×24時間体制で対応し、必要に応じて臨時往診を行います。
泌尿器科に定期的に通院しているものの、これから先通院が難しくなりそう…とご心配の方。当院では名古屋市南区と近隣地域を中心に在宅医療を行っていますので、お気軽にお問合せください。

自宅で可能な処置について

  • カテーテル交換
  • 採血
  • 投薬
  • 薬の処方箋発行(宅配に対応する薬局もあります)
  • 中心静脈栄養管理
  • 在宅酸素療法
  • 泌尿器科の癌緩和ケア、ターミナルケア等

看取りについて

メリット

  • 本人の住み慣れた自宅で過ごすことができる
  • いつでも家族や親友と過ごすことができる
  • 自由な生活を送ることができる(症状にもよります)
  • 医療費が入院より安く済む

デメリット

  • 家族の負担が入院より大きい
  • 本人だけでなく、家族や親族を含めた意思の統一が必要
  • 画像診断や積極的治療は難しい
  • 緊急時の対応は病院に劣る

介護者の負担が大きいため、いくら本人が家での生活を望んだとしても、家族がそれに同意し協力しなければ在宅医療は成り立ちません。
「最期は住み慣れた自宅で」という本人、ご家族の希望がございましたら最期までしっかりと支え、その想いに応えられるよう医師、スタッフともに全力でサポートいたします。

対象地域

名古屋市南区と近隣地域が診療圏内となります。
※訪問エリアの詳細につきましては、お問合わせください。

お電話でのお問い合わせは
052-692-0080
  • 初診の方のみ予約を取ることができませんので直接お越しください。
  • 再診の方の予約変更はお電話にて承ります。
    キャンセルなどの場合は必ずご連絡ください。
  • 不明な点やご質問などがございましたら、
    「お電話」または「受付窓口」にてお問い合わせ
    ください。

PAGE TOP